IPO(新規公開株)投資を中心に、手堅く低リスクな投資をモットーとする管理人の株式投資、為替、経済ブログ

ゆうちょ銀行のIPOは購入するべきか?

2015.10.21

ゆうちょ銀行のIPOは購入するべきか? はコメントを受け付けていません。


皆さんおはようございます。

IPO投資家ブログの管理人&似非IPO投資家です。

今回は、今年(近年)最大規模のIPO「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」を購入するべきかのお話です。

抽選が終わってどれぐらいの人が当ったか?

この記事を書いているときは、既に抽選が終わって、「当選」「落選」の結果が分かっているかと思います。

今回、IPOにブックビルディングをしていない方や「落選」の方は置いといて、「当選」された方は、非常に悩まれているかもしれません。

私が運営管理してます、「IPOマネージャー」でのデータでは、あくまで現時点「ゆうちょ銀行」に関して言いますと以下の様になっています。

応募 26件中 【当選:9件】 【補欠当選:2件】 【落選:6件】 【未確認:9件】

上記の結果、現時点では落選より当選の件数が上回っています。

【未確認:9件】の今後の行方が気になりますが。

これだけみても、事前の予想通り、ジャブジャブでは無いにしろ結構当り易いIPOと言う事が言えます。

結果を踏まえて購入するべきなのか?

基本的には、需給関係での判断になると思います。

需給関係からみても、落選が出ていることは、共有よりも需要の方が多いことを意味しますが、購入するつもりもないけど、とりあえず「ブックビルディング」と言う方も多いでしょう。

特にSBI証券利用の方は、IPOポイントが欲しいからと言うのがあると思います。(多分これはあるあるかとw)

その為、実際の需給よりも高く見積もられている場合があり、需給関係は、拮抗しているか、ほんの少しだけ需要が多いかと言ったところでしょうか。

いずれにせよ、超大型IPOなので、上がっても一桁台の上昇率になる可能性は高いと思います。

また、公募価格割れの可能性もありますが、上がる確率よりは、低いと思っています。ただ、上場日や上場日の直近に、超悪いニュースが飛び込んでくると、話は変わりますが、そうでなければ、大幅な公募割れの可能性は無いと見ています。

以上、無責任なIPO投資家の初値予想でした。


関連記事

コメントは利用できません。

ipo新規公開株管理ツール

スポンサードリンク