IPO(新規公開株)投資を中心に、手堅く低リスクな投資をモットーとする管理人の株式投資、為替、経済ブログ

日本郵政のIPO(新規公開株)は買ったほうが良いか?

2015.10.29

日本郵政のIPO(新規公開株)は買ったほうが良いか? はコメントを受け付けていません。


 

IPO投資家の皆様、こんばんわ。

IPO投資家ブログの管理人です。

ここ数年で類を見ない、超大型IPOの3銘柄同時上場まで、1週間をきりました。

また、その中でも最後の超大型IPO「日本郵政」の抽選も終わって、全てが出揃ったと言う所でしょうか。

ちなみに、私は当りませんでした(泣)

さて、世間ではお祭りIPOと騒がれていますが、今回のIPOは本当に買いなのでしょうか?

ちなみに、ゆうちょ銀行に関しては「ゆうちょ銀行のIPOは買いか?」でも紹介しています。

今回のIPOの当選率は?(IPOマネージャー調べ)

実際に、買いかどうかを判断する材料は沢山ありますが、重要なのは、どれだけ人気か?どれだけの人が欲しがっているかだと思います。

要は、需要と供給のバランスはどうか?と言う事です。

今回は、超大型IPOのため、供給側はかなりの量ですが、需要側がそれ以上にあれば、上がる可能性があると言う事です。

その結果を、IPOマネージャーのデータで見てみました。

 申込者件数  落選  補欠当選 当選  未確認
 39件  17  4  9  9

上記の表からみても、当選よりも落選の方が多いことが分かります。

まだ、未確認の方が、どちらになるかは分かりませんし、この結果が全てではないですが、需要の方が上回っている可能性が高いと思います。

そういう意味では、日本郵政のIPOは、買って損はないと言う結論になります。

ただ、東証一部の超大型IPOな為、少し上がればよいところだと思いますが。

以上、日本郵政のIPOの分析でした。


関連記事

コメントは利用できません。

ipo新規公開株管理ツール

スポンサードリンク