IPO(新規公開株)投資を中心に、手堅く低リスクな投資をモットーとする管理人の株式投資、為替、経済ブログ

2015年の日経平均株価の予想

2014.12.22

2015年の日経平均株価の予想 はコメントを受け付けていません。

日経平均株価

2015年の日経平均株価の予想をしましょうと言う記事の中で、冒頭に言うのも気が引けますが、私は株式投資に予測(予想)はあまり重要ではないと思います。
特に株価が何円まで上がると言う予測です。

ただ、人は何かを予測したり、予想したり好きですし、それを知りたいニーズもある為、いろんな雑誌やネットで「20○○年の株価はこうなる」の様な、株価予想などが人気になっています。

私が本当に大事だと思うのは、ある事象が起こった時(シグナルが出た時)の、適切な対処方法を知っているかどうかと言う事と、常にその準備をしておくと言う事だと思います。

2015年の日経平均株価

さて、前置きはさておき、私の独断と偏見で、2015年の株価予測をしたいと思います。

株価(下限) 株価(上限) トレンド 確率
 16,000円前後 20,000円前後 ↘  ↗ ↘ ↗ 天井 ↘ 40%
 15,000円前後 19,000円前後 ↘  ↗ ↘ ↗ 天井 ↘ 30%
 16,000円前後  22,000円前後 ↘  ↗ ↘ ↗ 10%

バブル以降、過去の歴史を振り返っても、大相場の周期は5年、少し短い場合は3年です。

今回の相場は、2012年11月から始まったとして、約2年経っています。そして、大相場の印象を受けます(直感です)ので、5年周期じゃないかと思います。その為、3年目である2015年の終盤あたりに「天井」をつけて、上昇相場終了となるような気がします。

また、2015年のイベントとして、行われる可能性が高いアメリカの利上げにより、ダウ平均も下落して、それにつられて、日本株の下落も想定されます。

そんなこんなで出来上がった予測を見ると、無難な予測で、あまり面白くない結果になってしまいました。

株価を予測して思ったのですが、やはり株価予測はあまり意味を持たないと思います。なぜなら不確定要素が多すぎて、あまり根拠がないからです。
それよりも、冒頭でも申し上げましたが、いくらまで上がるか分からないけど、「このシグナルが出るまでは上がり続ける」と言う部分を持っていたほうがより役に立つと思います。

もちろん、このシグナルも確実に予想するのは困難ですが、いくつか上げたいと思います。

  1.  ダウ平均の大暴落
  2. 多くのエコノミストが強気
  3. 連日高値更新
  4. 普段投資していない人が株式投資を始める
  5. 外国人投資家の買い越しから売り越しに転換する

2~4は、大相場が終わるときに現れやすいシグナルですが、多くが当てはまると、気をつけなければいけません。大相場の終焉が近い可能性があります。

こういったシグナルが、2015年のどこかで出るかもしれませんし、出ないかもしれません。

日経平均株価がいくらになったかだけではなく、こういった指標と合わせて見ると、情報としてより役に立つかもしれません。


関連記事

コメントは利用できません。

ipo新規公開株管理ツール

スポンサードリンク