IPO(新規公開株)投資を中心に、手堅く低リスクな投資をモットーとする管理人の株式投資、為替、経済ブログ

ギリシャ 国民投票「緊縮反対が多数」

2015.07.06

ギリシャ 国民投票「緊縮反対が多数」 はコメントを受け付けていません。


皆さん。こんにちは。

無責任なIPO投資家管理人です。

さて、世界が注目しておりました、ギリシャの国民投票の結果ですが、「緊縮反対:多数」と言う結果になりました。

以下は、その記事の引用です。

ギリシャが5日実施した財政緊縮策の是非を問う国民投票で反対票が多数となり、同国のユーロ残留が可能かどうかは欧州首脳の決断に委ねられることとなった。

今後のギリシャまたは、ユーロの行方。

上記の国民投票の結果を踏まえて、多くの方が気になるのが、今後のユーロとギリシャの行方かと思います。

予想できるシナリオとしては、基本的に下の2つに1つしかないと思います。

  • ユーロがしぶしぶギリシャの支援を継続、債務の返済期限の延長して、デフォルト及びユーロの離脱は免れるパターン
  • ユーロのギリシャ支援及び、債務の返済期限の延長をしないで、ギリシャのデフォルト及びユーロ離脱

とは言え、今回の国民投票の結果で、後者のシナリオの可能性がかなり高くなったと言わざるおえません。これは、多くの世論、専門家も予想しています。

また、サプライズとは言え、前者のシナリオになったとしても、それは一時的な時間稼ぎに過ぎない事も多くの人は分かっています。
数ヵ月後、数年後には、同じ事を繰り替えすと思います。

やはり短期的、中期的に見ても、ギリシャのデフォルト、ユーロ離脱は、100%に近いでしょう。

そしてギリシャが離脱した後のユーロは・・

過去の記事「今後のユーロの行方」でも書きましたが、ユーロは解散の方向へ向かっていくと思います。

それがいつになるかは分かりませんが、10年以上も先にはならないような気がします。

まずは、目先のギリシャ問題を注視してみたいと思います。


関連記事

コメントは利用できません。

ipo新規公開株管理ツール

スポンサードリンク